トルコリラの運用シュミレーション 【トルコリラFX運用室】スワップ金利投資法,為替チャートなど

トルコリラの運用シュミレーション

ここではトルコリラをスワップ運用した場合のシュミレーションを考えてみます。これまで解説してきたように時間的な分散を図りながらポジションを保有し為替リスクを軽減させる場合を想定します。

(1)取引通貨はトルコリラ/円(TRY/JPY)

(2)ドルコスト平均法で建てたポジションのレートは80円。 為替変動による含み益・含み損はゼロと仮定。

(3)40万円の投資につき1万トルコリラを購入していく。 80円のポジション構築でレバレッジ2倍の運用とする

(4)スワップポイントは1万通貨あたり平均して300円。 (金利変動を想定した上で平均的なスワップを300円とする) スワップ蓄積分に関しては再投資に回さないものとする。

(5)初期投資は40万円で1万トルコリラを購入し 定期的に40万円の新規投資を行っていく

上記のような条件で毎年40万円をトルコリラに投資していくと以下のような運用シュミレーションになります。各列の項目は左から投資額の総額、受取スワップ(/1日)、受取スワップ(/1年)、年度末資産です。

f.bmp

3年目の終りをみてみると投資額は40万円が3年分で120万円ですが総資産は約195万円になっています。75万円ほどのスワップ収入です。10年目を見ると投資額400万円に対して総資産は1108万円となっており700万円近い利益になります。これらはスワップ受け取り分を再投資に回さない場合のシュミレーションで、受取スワップをポジションを立てる証拠金に投資していけばさらに高い利回りになります。


<トルコリラ取扱い業者・総合比較表>  
 
会社名
通貨ペア
スプレッド
スワップ
申込み
1.gif アトランティックトレード 32種類 14pips〜 高水準(安定感も比較的高い) 詳細
22.gif トレイダーズ証券・NFX-PRO 39種類 17pips〜 高水準(市場動向やや受けやすい面あり) 詳細
3.gif ヒロセ通商(Hirose-Trader) 150種類 30pips〜 比較的高い 詳細
4.gif AFT-FX 64種類 60pips〜 やや低い 詳細
5.gif サザインベストメント 39種類 60pips〜 やや低い 詳細
stay.gif FXキング 39種類 60pips〜 やや低い 詳細
up.gif ネクストインベストメント 125種類 60pips〜 比較的高水準(市場動向の影響をやや受けやすい) 詳細
トルコリラ取引なら手数料無料!スプレッド14pips!スワップも高いコチラで!


手数料は全ての業者が無料・信託保全も全社採用という点を踏まえて上記の比較表を見ると各業者ごとに異なってくるのが売買スプレッド、スワップ、取扱通貨ペア数です。各業者のスワップの高さを見るとアトランティックトレード 、トレーダーズ証券 が安定して高いスワップを提供しています。(最近の動向だとアトランティックトレードの方が安定感あり)

スプレッドを比較すると最安がアトランティックトレードで14pipsになります。高いところだとAFT-FXなどの60pipsまで開きがありますのでなるべく安い業者が売買に有利です。

またトルコリラ(TRY/JPY)以外にも幅広く分散投資をされる方は取扱通貨ペアの多いところがいいですのでヒロセ通商やネクストインベストメントなども検討されてみて下さい。

トルコリラ専用の口座であればアトランティックトレード 、トレーダーズ証券の2社が他社に優位性のある投資条件を提供しています。

アトランティックトレードの無料口座開設へ進む

トレイダーズ証券・NFX-PROの無料口座開設へ進む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。