最大下落率とレバレッジ 【トルコリラFX運用室】スワップ金利投資法,為替チャートなど

最大下落率とレバレッジ

ここではトルコリラの最大下落率とレバレッジについてです。トルコリラの過去の下落率の傾向を知ることでスワップ運用において安全と考えられる最適なレバレッジを算出することができます。

トルコリラ円(TRY/JPY)はFXの他のドル円(USD/JPY)やユーロ円(EUR/JPY)の通貨ペアに比べて変動しやすい傾向にあります。これはトルコリラが南アフリカランドなどと同じ新興国通貨であり市場規模がドルやユーロに比べて小さくボラテリティが高くなってしまうことが原因としてあげられます。以下はトルコリラ円の2005年以降の推移です。

aaaa.bmp

最も上昇した時期で2007年の98円台で最も下落したのは2008年の55円台です。下落幅としては43円で下落率で考えると43%ほどです。次にFXの主要通貨ペアとして考えられるドル円を見てみましょう。

g.bmp

こちらは最も上昇した時期で2007年の123円台で最も下落したのは2008年の90円台です。下落幅としては33円で下落率で考えると26%ほどです。トルコリラ円と変動率を比較すると約1.6倍もトルコリラの方が変動しやすいということがわかります。

上記を踏まえた上でドル円に対して投資する場合のレバレッジとトルコリラ円に投資する際のレバレッジは、当然トルコリラの方を低くするべきで一般的にドル円のスワップ投資の最適なレバレッジは2〜2.5倍ほどとされていますのでトルコリラは1.5倍程度のレバレッジが望ましいということになります。トルコリラのレバレジッジ設定をドルやユーロと同じ程度に考えて失敗するケースは非常に多いです。新興国通貨ゆえの変動率の高さを踏まえた上でレバレッジを設定するようにしましょう。


<トルコリラ取扱い業者・総合比較表>  
 
会社名
通貨ペア
スプレッド
スワップ
申込み
1.gif アトランティックトレード 32種類 14pips〜 高水準(安定感も比較的高い) 詳細
22.gif トレイダーズ証券・NFX-PRO 39種類 17pips〜 高水準(市場動向やや受けやすい面あり) 詳細
3.gif ヒロセ通商(Hirose-Trader) 150種類 30pips〜 比較的高い 詳細
4.gif AFT-FX 64種類 60pips〜 やや低い 詳細
5.gif サザインベストメント 39種類 60pips〜 やや低い 詳細
stay.gif FXキング 39種類 60pips〜 やや低い 詳細
up.gif ネクストインベストメント 125種類 60pips〜 比較的高水準(市場動向の影響をやや受けやすい) 詳細
トルコリラ取引なら手数料無料!スプレッド14pips!スワップも高いコチラで!


手数料は全ての業者が無料・信託保全も全社採用という点を踏まえて上記の比較表を見ると各業者ごとに異なってくるのが売買スプレッド、スワップ、取扱通貨ペア数です。各業者のスワップの高さを見るとアトランティックトレード 、トレーダーズ証券 が安定して高いスワップを提供しています。(最近の動向だとアトランティックトレードの方が安定感あり)

スプレッドを比較すると最安がアトランティックトレードで14pipsになります。高いところだとAFT-FXなどの60pipsまで開きがありますのでなるべく安い業者が売買に有利です。

またトルコリラ(TRY/JPY)以外にも幅広く分散投資をされる方は取扱通貨ペアの多いところがいいですのでヒロセ通商やネクストインベストメントなども検討されてみて下さい。

トルコリラ専用の口座であればアトランティックトレード 、トレーダーズ証券の2社が他社に優位性のある投資条件を提供しています。

アトランティックトレードの無料口座開設へ進む

トレイダーズ証券・NFX-PROの無料口座開設へ進む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。