【トルコリラFX運用室】スワップ金利投資法,為替チャートなど

相関係数表の利用

相関係数とは統計学の基礎的な数値で、2変数間の関係の強さをあらわすものです。相関係数が取りうる値の範囲は-1から1までです。-1に近ければ近いほど2つの変数の動きの関係性が薄く、1に近ければ近いほど2つの変数の動きの関係性が密接であるということです。相関のレベルは以下の表のとおりです。

 -1 〜 -0.7 強い負の相関
-0.7 〜 -0.4 かなりの負の相関
-0.4 〜 -0.2 やや相関あり
-0.2 〜  0 ほとんど相関なし
  0 〜 0.2 ほとんど相関なし
0.2 〜 0.4 やや相関あり
0.4 〜 0.7 かなりの正の相関
0.7 〜  1 強い正の相関

下記はアストマックスFXで投資家向けに提供されている相関係数表をご紹介します。掲載されている通貨ペアは以下の24通貨ペアです。

AUD/JPY,AUD/USD,CAD/JPY,CHF/JPY,DKK/JPY,EUR/CHF,EUR/GBP, EUR/ISK,EUR/JPY,EURUSD,GBP/CHF,GBP/JPY,GBP/USD,HKD/JPY, MXN/JPY,NOK/JPY,NZD/JPY,NZD/USD,SGD/JPY,TRY/JPY,USD/CHF, USD/ISK,USD/JPY,ZAR/JPY

h.bmp

トルコリラ円(TRY/JPY)のところを見るとシンガポールドル円(SGD/JPY)とが相関係数が高く0.959です。0.959はほとんど1に近くほぼ同じ動きをするということです。逆にドルスイス(USD/CHF)とが最も相関係数が小さく-0.724です。トルコリラ円と異なる動きを行うような通貨ペアに分散投資を行う場合はドルスイス(USD/CHF)のような相関係数が-1に近いものを投資対象として選択する必要があります。

上記の相関係数表は業者から提供されているものですが、自分で相関係数表を作成しようとする場合は中級クラスのエクセルの知識と初歩的な統計の知識が必要になりますので慣れない方は時間がかかると思います。本気で相関係数表を投資に活用していきたい方は はやぶさ流FX!スワップ金利運用の極意とFX分析ツールをお勧めします。FX以外でも相関係数を活用できますし投資全般に生かせるお勧めの手法です。


<トルコリラ取扱い業者・総合比較表>  
 
会社名
通貨ペア
スプレッド
スワップ
申込み
1.gif アトランティックトレード 32種類 14pips〜 高水準(安定感も比較的高い) 詳細
22.gif トレイダーズ証券・NFX-PRO 39種類 17pips〜 高水準(市場動向やや受けやすい面あり) 詳細
3.gif ヒロセ通商(Hirose-Trader) 150種類 30pips〜 比較的高い 詳細
4.gif AFT-FX 64種類 60pips〜 やや低い 詳細
5.gif サザインベストメント 39種類 60pips〜 やや低い 詳細
stay.gif FXキング 39種類 60pips〜 やや低い 詳細
up.gif ネクストインベストメント 125種類 60pips〜 比較的高水準(市場動向の影響をやや受けやすい) 詳細
トルコリラ取引なら手数料無料!スプレッド14pips!スワップも高いコチラで!


手数料は全ての業者が無料・信託保全も全社採用という点を踏まえて上記の比較表を見ると各業者ごとに異なってくるのが売買スプレッド、スワップ、取扱通貨ペア数です。各業者のスワップの高さを見るとアトランティックトレード 、トレーダーズ証券 が安定して高いスワップを提供しています。(最近の動向だとアトランティックトレードの方が安定感あり)

スプレッドを比較すると最安がアトランティックトレードで14pipsになります。高いところだとAFT-FXなどの60pipsまで開きがありますのでなるべく安い業者が売買に有利です。

またトルコリラ(TRY/JPY)以外にも幅広く分散投資をされる方は取扱通貨ペアの多いところがいいですのでヒロセ通商やネクストインベストメントなども検討されてみて下さい。

トルコリラ専用の口座であればアトランティックトレード 、トレーダーズ証券の2社が他社に優位性のある投資条件を提供しています。

アトランティックトレードの無料口座開設へ進む

トレイダーズ証券・NFX-PROの無料口座開設へ進む

トルコリラの為替推移

ここでは過去のトルコリラの為替推移を振り返ります。以下は2005年以降のトルコリラ円の為替チャートです。(TRY/JPY 2005年〜)

aaaa.bmp

2005年はTRY/JPYで70円だったレートは緩やかなトルコリラ買いの情勢が続きトルコリラ円は2007年半ばまで緩やかに上昇し一時100円台に乗せる水準まで買いが進みました。その後、2007年・2008年はサブプライムショックなど世界的な金融不安の影響を受けて、トルコリラ売り円買いが進み一時50円台まで円高が進みました。

ここ5年の日足ベースの為替の平均値は約70円ほどで70円以下であれば過去5年のヒストリカルデータで見た場合に割安といえ、70円以上であれば割高であるといえます。

50円台の為替レートはトルコリラ円のこれまでの歴史から見ると異常な円高水準であり長期投資を行う上では絶好の買いポイントであると言えます。トルコリラ円の平均的な変動率は年間で上下約20%ほどであり2008年のような50%近い下落をした相場は行き過ぎた相場であり揺り戻しが起こる可能性が高いといえます。


<トルコリラ取扱い業者・総合比較表>  
 
会社名
通貨ペア
スプレッド
スワップ
申込み
1.gif アトランティックトレード 32種類 14pips〜 高水準(安定感も比較的高い) 詳細
22.gif トレイダーズ証券・NFX-PRO 39種類 17pips〜 高水準(市場動向やや受けやすい面あり) 詳細
3.gif ヒロセ通商(Hirose-Trader) 150種類 30pips〜 比較的高い 詳細
4.gif AFT-FX 64種類 60pips〜 やや低い 詳細
5.gif サザインベストメント 39種類 60pips〜 やや低い 詳細
stay.gif FXキング 39種類 60pips〜 やや低い 詳細
up.gif ネクストインベストメント 125種類 60pips〜 比較的高水準(市場動向の影響をやや受けやすい) 詳細
トルコリラ取引なら手数料無料!スプレッド14pips!スワップも高いコチラで!


手数料は全ての業者が無料・信託保全も全社採用という点を踏まえて上記の比較表を見ると各業者ごとに異なってくるのが売買スプレッド、スワップ、取扱通貨ペア数です。各業者のスワップの高さを見るとアトランティックトレード 、トレーダーズ証券 が安定して高いスワップを提供しています。(最近の動向だとアトランティックトレードの方が安定感あり)

スプレッドを比較すると最安がアトランティックトレードで14pipsになります。高いところだとAFT-FXなどの60pipsまで開きがありますのでなるべく安い業者が売買に有利です。

またトルコリラ(TRY/JPY)以外にも幅広く分散投資をされる方は取扱通貨ペアの多いところがいいですのでヒロセ通商やネクストインベストメントなども検討されてみて下さい。

トルコリラ専用の口座であればアトランティックトレード 、トレーダーズ証券の2社が他社に優位性のある投資条件を提供しています。

アトランティックトレードの無料口座開設へ進む

トレイダーズ証券・NFX-PROの無料口座開設へ進む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。